[ジャパンプロレス2000大会] 2018年10月8日(月=祝)  ジャパンプロレス2000旗揚げ20周年記念 第一弾   大阪・NEXT ROUND  観衆60人(超満員)

 ■
第1試合 タッグマッチ 20分1本勝負
  ○嵐弾次郎、周藤浩司 (11分23秒 片エビ固め) ●マホロバ、エル・キントト
  ※アメージング・スプラッシュ

 
第2試合 シングルマッチ 30分1本勝負 [松下弘樹デビュー戦]
  道端剛史 (6分16秒 腕ひしぎ十字固め) 松下弘樹

 
第3試合 シングルマッチ 30分1本勝負
  佐々木幹矢 (14分9秒 両者リングアウト) 冨宅飛駈

 
第4試合 シングルマッチ 45分1本勝負
  織部克己 (10分13秒 片エビ固め) 岩田芳明
  ※克己脚

 
第5試合 タッグマッチ 60分1本勝負
  ○守屋博昭、三富政行 (12分19秒 エビ固め) TORU、●菊池悠斗
  ※パワーボム

  
◎守屋とTORUのチョップ合戦、タックル、ドロップキックからのスタート。三富は菊池をいたぶる。守屋が捕まり場外へ。
  TORUのブレーンバスターを凌ぎ、走ってきた所をラリアットを放ち三富に繋ぐ。ここからエナジャイズレボリューションの連携が冴え渡る。
  W延髄や両コーナーでのマシンガンチュップの競演。しかしTORUもシャイニングウィザードから菊池のドロップキックで連携技を繰り出し追い込む。
  三富のトラースキックのアシストを得て守屋が垂直落下式ブレーンバスター、最後はパワーボムで勝利。
  ちょうど一年前の今日、神戸で守屋、三富がレッスルワンで組み、勝利を収め、本日からエナジャイズレボリューションとして本格始動し、勝利を収めた。
Copyright (c) Japan Pro Wrestling 2000 All rights reserved. Information on this site is for Japanese domestic markety only.