[J2000&紀州ぶんだら合同大会] 2018年5月5日(祝)   J2000&紀州ぶんだらプロレスコラボ大会 in はびきの祭  大阪・LICはびきの峰塚公園特設リング

 【第1部:観衆350人(超満員)】

 ■
第1試合 6人タッグマッチ 15分1本勝負
  ○真田十勇士紅影、真田十勇士蒼影、ルチャマスター武丸 (14分40秒 体固め) 塩田英樹、SuperGuapo MEX、●落武者
  ※紀州ぶんだらスプラッシュ

 第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
  岩田芳明、○道端剛史 (14分12秒 アンクルホールド) 嵐弾次郎、●青木いつ希

 第3試合 タッグマッチ 60分1本勝負
  ○守屋博昭、冨宅飛駈 (15分39秒 ストレッチプラム) 佐々木幹矢、●グレート・サラリーマン with グレート・キャリアウーマン

   ◎先発は守屋とサラリーマン。サラリーマンがリング上で守屋に名刺交換すると守屋も応える。クールビズを要求されたサリラーマンは上着を脱ぎ捨てると守屋に奇襲のドロップキック。
   タックルで攻めるも守屋に弾き飛ばされる。代わる冨宅と佐々木も両者ナックル攻撃をするがダブルダウン。守屋がサラリーマンにマシンガンチョップからステップキック。サラリーマンの胸はミミズ腫れに。
   場外ではキャリアウーマンも介入するが及ばず。代わる佐々木が守屋、冨宅にスピニングトーホールドで追い込み、サラリーマンと佐々木が守屋にダブルキック、そしてネックブリーカー、
   サラリーマン固めで追い込むも守屋のエナジャイズラリアット、DDTからのストレッチプラムでギブアップ。



 【第2部:観衆350人(超満員)】

 
第1試合 タッグマッチ 15分1本勝負
  ○嵐弾次郎、グレート・サラリーマン with グレート・キャリアウーマン (11分42秒 片エビ固め) SuperGuapo MEX、●スカル・フリーダム
  ※ダイビングボディプレス

 
第2試合 シングルマッチ 30分1本勝負
  青木いつ希 (9分22秒 リングアウト) 岩田芳明

 
第3試合 KWA選手権試合 60分1本勝負
  [挑戦者] 道端剛史 (13分13秒 体固め) [王者] 佐々木幹矢
  ※ローリングネックブリーカー 佐々木が6度目の防衛に失敗、道端が第16代新王者となる

 
第4試合 6人タッグマッチ 60分1本勝負
  守屋博昭、冨宅飛駈、○塩田英樹 (12分10秒 片エビ固め) 真田十勇士紅影、真田十勇士蒼影、●ルチャマスター武丸
  ※50ゴエ

   ◎守屋、冨宅、塩田のオーバー40歳トリオが紀州ぶんだらプロレスの紅影、蒼影、武丸と対戦。紅影が守屋のマシンガンチョップで胸から流血、ステップキックを冨宅、塩田からも喰らいピンチ。
   トラースキックで守屋、冨宅を蹴散らし武丸へ。武丸が塩田、冨宅にドロップキック。隠し持っていたゴムで守屋を攻めようとするが逆に武丸が餌食に。
   6人が入り乱れた後、守屋、冨宅のWPKから塩田のカミゴエとは少し角度が違う50ゴエで武丸をフォール。喰らった武丸は流血するぐらいのかなりの威力だった。恐るべき50歳の塩田を見せつけた。


Copyright (c) Japan Pro Wrestling 2000 All rights reserved. Information on this site is for Japanese domestic markety only.